« ミナモイントロダクション#008 | トップページ | ミナモイントロダクション#010 »

ミナモイントロダクション#009

(1)お名前と所属イベントの簡単な紹介をお願いします。

相山 大輔 a.k.a. Copy & Paste(コピペ)
Sanpen Night (SPN)

サンペンナイトはそもそも同じ会社の仲間たちとのイベントで、ヘンテコな音 楽が好きなやつばっかだったんで、レコード聴き比べ的なノリでスタートした んす。7年ぐらい前かな。で、そもそも制作会社なんで、作りたがり、やりた がりが集まってきて巨大化。気づけばミナモでも屋台にフライヤーにノベルテ ィにバンドと節操なく手を出しております。何とぞ、ィヨロシクお願いしま す。

(2)MMJに関わることになったきっかけを語って下さい。

中学時代からのツレであるツボイに誘われた。もともとは花見と聞いて、 SPNでは100人花見などもやってた流れで助っ人として招集。でも、よくよく聞 けば、単に多摩ロックに嫉妬してるだけど知って、「出たぁぁっ! ツボイ 節!」とあきれつつも、おもしろそうだから参加。だってこのメンツだよ? 

(3)MMJintroに参加された方は、その時のベスト・メモリーを教えてください。

 ハマショー炸裂。1回目に参加されてない方に無粋ながら説明しますと、サ ンペンズからは宮くん扮するハマショーというアーティストをバンドとして送 り込ませてもらったんす! 本気でハマショーになりきるだけという、微妙こ の上ないアートフォームに、演じる宮くんとサンペンズで必死に相談しつつ も、ヒヤヒヤで当日を迎えました。
 で、蓋を開けてみたら、会場中のみんなが手を振りながら「誰もが〜」と合 唱! 本当にハマショーはスゲェやつだと再認識。さらに謎の一体感が、ミナ モってアホで最高!と深くつきささりました。
 特に1回目はPAのヨシくんは本当に大変で、常に真剣な表情を崩さずバン ドを見てくれてたんだけど、ハマショーの時DJの僕に「こりゃおもしれぇ や」とグッとくる笑顔でポツリと言ってくれたのが忘れじのメモリーです。
 あと、かなり個人的な思い出としては、招待した俺の弟と親父が、芝生の上 でキャッチボールしてたのもグッときました。キャッチボールって20年ぶりじ ゃねぇの?的な。

(4)最後に、MMJ#2への意気込みを!

第1回では、OVER 30としては、もはや諦めてたような出会いが山ほどあっ た。2回目もさらに、さらに! ってな意気込みで臨む(臨んでいる)所存デ ス! ィィィヨロシクどーぞ。

|

« ミナモイントロダクション#008 | トップページ | ミナモイントロダクション#010 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003308/11529599

この記事へのトラックバック一覧です: ミナモイントロダクション#009:

« ミナモイントロダクション#008 | トップページ | ミナモイントロダクション#010 »