出演者紹介

屋台メニュー一覧

mocidade vagabunda
  • ピカーニャ串焼き(牛肉)モーリョ付き 500円
  • リングイッサ(ブラジルソーセージ)モーリョ付き 500円
  • 生ビール 500円
  • カイピリーニャ(ブラジル産ライムカクテル) 500円
※モーリョ:モーリョ・ビナグレッチ(野菜ソース)


コキュカフェ

  • コーヒー
  • カフェラテ
  • カフェモカ
  • ジャスミンティー
  • ゆず茶
  • ミロ

  ※各100~200円



カレー屋ゴッパ

  • フライドオニオン&チーズ&タマゴ&トマト  500円
  • フライドオニオン&チーズ&タマゴ&インゲン  500円
  • フライドオニオン&挽き肉&タマゴ&トマト  500円
  • フライドオニオン&挽き肉&タマゴ&インゲン  500円
※各限定19食ずつ


ボンジュール食堂

  • オリジナルケサディーヤ 2種 各400円

J-BOY kitchen
 
  • 汗と涙の塩やきそば
    あっさりさっぱりとは真逆を行く濃厚な塩焼きそば。
  • 省吾のフランク2008」
    去年もやったフランクフルト。つけるソースはただいま開発中です。

お好み焼ロック

  • お好み焼き 500円


※ フードメニューの購入方法について ※

  • フードメニューの購入は全て、チケット制となります。会場内のチケット販売所にて500円(100円×5枚)のチケットをお買い上げ頂き、各屋台にてチケットと引換えでご注文下さい。
  • 誠に申し訳ありませんが、チケットの返金は不可とさせていただきます。かならず使い切るようにお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音羽計画

Photo


ギョーカイナンバーワンの最大手・講談社、多くのファッション誌でギャルのハートをワシヅカミの光文社…出版ギョーカイの最大派閥「音羽グループ」に憧れて、いつかはお呼びがかかるんじゃないかと指をくわえて待っているふたり組お笑いユニット「音羽計画」。
神棚に祀ったJJとマガジンへの、二拍二礼を毎日欠かさない僕らの夢はきっとかなうはず。ああ、はやくキバヤシさん率いるMMRの一員になりたいな。漫才なんか辞めて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

型にハマっちゃいけねぇよ

音楽と酒に浮かれる周りの喧騒も何のその、ひたすらカタをスクラッチ。
極細ラインもジグザグカーブも攻略して、ナイスフィギュアを削り出せ!
ヨーヨー釣り・パーティゲームもあるんです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Seashepards

Seashepardsjpg


第1回MMJではPAとして八面六臂の活躍をしてくれたうに(パーカッション)&ヨシ(ギター&ベース)がミナモ仕様のジャム・ユニットを結成! オープン・エアでのプレイを知り尽くした彼らによるマジカルなグルーヴを体感すべし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MINAMO手芸部

Minamosyugeibu_2


ガーリーでスパイシーでメロウでウィキッドでジャジーでオタクもといマニアックでキャッチーでキュートな女子たちが手作りしたエコバッグ、アクセサリー、お洋服など売ってます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PLATON

Platon


00’s世代のニューミュージック・オブ・トーキョー!
80'sの匂いのするなぜかまっさらなギター・ロックに、少年みたいに震えているハイトーンな声、どこまでも高く登っていくようなメロディは胸を激しく掻きむしって、言葉とストーリーはまだ誰も描いたことのなかった東京の真新しい時代の風景を歌っている。
声、歌詞、演奏、サウンド、そしてひどく緩みきったバンドの佇まい。あらゆる要素が、ちょっとありえない加減で混ざりあっていて、かつてどこかで聴いたことあるような気はするけど、それが何だったかはさっぱり思い出せない。ある人は「こんなバンド、ふつう、ありえない」とだけ言って、唖然として、口を開けていた。あろうことか松任谷由実とフィッシュマンズの私生児、と説明すれば伝わる人には伝わるだろう。
ビフォーアフター。馬鹿でダッサいバンド達はみな引導を渡され、下手なことなどもう歌えなくなるよ。

http://platonweb.net/news.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

cache-cache

Cachecache


都内・横浜を中心に活動中のジプシー・スウィング楽団。
ジャンゴ・ラインハルト直系のギター、バイオリン、クラリネットなど生楽器主体の編成で、
スタンダード曲をお届けします。
映画『僕のスウィング』『ギター弾きの恋』などをお好きな方は必見!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キラーコンドルズ

1275760948_l



日高憲治 / Vocal, Guitar
赤井洋介 / Electro
石黒圭一郎 / Drums
白鳥由美 / Vocal, Guitar, Synthesizers

Mail:killercondors@gmail.com
Web: http://killercondors.com/


1999年結成。電子音楽、アンビエント、テクノ、トランスなどを広く浅く学び、2000年恵比寿MILKでのイベントから、渋谷、下北沢、吉祥寺のライブハウス・クラブを中心に、「生バンド+電子音楽」のスタイルを確立すべく、ライブ活動を続ける。
3枚のコンピレーションアルバムに参加後、2004年に1stアルバム『AZURAZUR』をリリース。テクニカルなバンド演奏とアナログなシンセ音を組み合わせたサウンドがMARQUEE等、各音楽誌で高い評価を得る。日本テレビ系「インディーウォーズ」で、イラストレーターのカオルコとのコラボレーションで制作した同アルバム収録の『Super move』のPVが好評、同番組の年間最優秀ビデオに選ばれる。
2007年に従来の実験的なサウンドに、ポップ要素を加えた2ndアルバム『Rainbow』を完成。ブラック・タイ・ダイナスティやドラゴンフライズ・ドロー・フレイムの日本盤をリリースしている洋楽レーベル『can you fly disc』から、同レーベル初の日本人アーティストとして発売。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

根本啓一郎

元Pink the shellのヴォーカリスト。
去年、ソロとして、11月末に新宿LOFTでウッドベース、jazzドラム、テナーサックス、
ピアノと僕(アコースティックギター、ボーカル)の編成でライブ。
現在は、ライブ活動は、一人で弾き語り、ピアノ、フルート等の入ったバンド形態、
ギターデュオ、ウッドベースとデュオ、某アレンジャーと組んで配信楽曲制作などを
現在行っている。

http://www.myspace.com/nemotokeiichiro

| | コメント (0) | トラックバック (0)

mon-chuck with koibuchism.

目黒cafe shiftとアイリッシュパブSeamus O'haraで行われた、
COWNTDOWN PARTYで化学反応的に生まれた、DJとジャズ
キーボディストのユニット。

【mon-chuck】
ハードコア畑から生まれたダンスミュージック感覚。「体が勝手に
踊りだすための音探し」をテーマに、オールジャンルを吸収しながら、
テクノ・ハウスを中心に、ミニマル・エレクトロ・ディープな素材をブレンド。
an informal party@sibuya underbar主宰、communication!@青山蜂、
summernude@CAFE CROIXなどにレギュラー出演。

【koibuchism.】
Parkingmetersのキーボディスト。バンド活動を中心に、ジャズで培った
ジャム感覚でもって、クラブDJと強烈なセッションをこなす。
ダンスミュージックに更なるスパイスをふりかけ、スリリングに料理する。
communication!@青山蜂 に、レギュラー出演。

こんな二人が織り成す、完全ジャム感覚でのセッションプレイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧